蜂の巣退治は迅速に駆除業者に依頼するのが解決の近道

人を攻撃するハチ・キイロスズメバチの基礎

厄介なハチとして知られているキイロスズメバチ。特徴を把握することで、刺傷する被害を受けるリスクは減ります。ここで、そのキイロスズメバチの特徴や 蜂の巣を作りやすい場所を見てみましょう。

キイロスズメバチの特徴

体長
17㎜~28㎜
特徴
キイロスズメバチは名前の通り黄色い見た目をしているので、他のハチと見分けがつきやすいです。スズメバチの中でも小型ですが、神経質で凶暴な性格をしていて近づくと襲われてしまうので気をつけてください。
営巣場所
キイロスズメバチの営巣場所は様々で、床下や天井裏などの狭い場所、さらには軒下や木の枝などにも巣を作ります。狭い場所から移動して、別の場所で短期間に新しく巣を作るという特徴があり、気づかない間に大きな巣を作ることがあります。

キイロスズメバチが蜂の巣を作りやすい場所

  • 屋根裏
  • 床下
  • 植え込みの隙間
業者の男性

迅速に蜂の巣を駆除する必要性

キイロスズメバチのような危険なハチは、発生する元凶である 蜂の巣を早急に駆除することが先決でしょう。実際に駆除をしないことで起こりうるトラブルが色々あります。

近隣トラブルに発展する恐れがある
マンションに住んでいる人の中で、自宅のベランダにハチが巣を作ることがあります。ベランダにある巣をそのままにすると、自分以外の居住者が刺されるなどの被害を受けることがあるのです。これは、ハチ退治を行なわない人が悪いと責められることが多く、周りからクレームを受けてしまうでしょう。これらを避けるためにも、迅速に対応しないといけません。マンションの場合は誰が駆除を行なうのか、誰が駆除の費用を支払うのかでトラブルに発展するので注意してください。
巣が大きくなってしまう
ハチは最初女王バチだけで巣作りを始めますが、巣作りと並行して産卵も行ないます。そのため、短い期間で大きな巣を作ってしまうことはないでしょう。産卵した幼虫が成長していくと、働き蜂になって巣作りを始めます。これによってどんどん大きな巣を作ってしまうのです。働き蜂が巣作りをしている間、女王蜂は産卵に集中できるので更に数が増えてしまいます。大量のハチが生息できるような蜂の巣を作るので、より大きな巣ができあがってしまうのです。
ハチに刺された場合の症状とリスク
蜂の巣を早めに駆除しないと数が増えてしまい、刺されてしまう可能性が高くなります。ハチに刺されてしまうと、刺された箇所は赤くなってしまい痒みや痛みを感じるようになります。これだけではなく、人によってはアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があるのです。今までにハチに刺されたことがある人や、毒の量が多いとアレルギー反応が起きやすくなります。呼吸困難や血圧の急な低下を引き起こしてしまい、命に関わる危険性があります。

大手の駆除業者なら迅速に対応できる

キイロスズメバチの駆除を行なうためにも、駆除業者に依頼するようにしてください。とある駆除業者では、迅速に駆け付けることができるように巡回を行なっています。作業車にはハチ退治に必要な機材や、高い場所にある巣を退治できるように脚立を載せています。そのため、近くを巡回していれば30分程で現地に駆けつけて、調査と蜂の巣駆除を行なってくれるでしょう。作業も速やかに行なってくれて、軒下に作った蜂の巣ならば最短で15分程で駆除してくれるから安心できます。

書類を書いている業者
to top